授乳中抜け毛対策〜やってはイケない事TOP3

<授乳中抜け毛・概要>
授乳中抜け毛対策としてやってはいけないTOP3は育毛剤などの薬を用いて改善することで、授乳中に薬を服用すると母乳に影響を及ぼすので授乳中抜け毛があったとしても男性用の育毛剤を使うことはやってはいけない対策です。理由としては男性ホルモンによって分泌されている抜け毛の原因物質の働きを弱める成分や血管を拡張する作用のある成分が含まれていることがあるので、ホルモンバランスを崩してしまったり、赤ちゃんの体に血管拡張薬の成分が入ることで障害を起こす可能性があるからで、TOP3の中には男性ホルモンに影響を与える薬と、血管を拡張させる薬が入ります。授乳中の抜け毛の原因はホルモンバランスの変化が原因なので、バランスが戻ると抜け毛も収まるのですが、いつまでも戻らずに不安になった場合には医療機関を受診して医師の指導にしたがって薬を選ばなければなりません。女性用の育毛剤は基本的には植物原料などが用いられていますが、その場合でも赤ちゃんに悪影響を及ぼす成分が含まれている可能性があるので、成分をしっかりと吟味をしてから使用をする必要があります。授乳中抜け毛を改善するためにはストレスの少ない環境で子育てをすることが重要なのですが、肉体的な疲労によってもホルモンバランスが崩れることがあるので、体を温めるようにして家事などはパートナーに手伝ってもらうことが必要です。男性型脱毛症の治療薬は主に男性ホルモンに影響を与える薬と血管を拡張させる薬が使われているのですが、血管を拡張させるタイプのものはホルモンと直接関わりがないのですが、授乳中は赤ちゃんに母乳を与えているので、血管を拡張してしまって血圧が下がる可能性もあります。一般的には授乳中には薬の服用が制限されていて、体調を崩したり抜け毛が気になる場合には必ず婦人科に確認をして赤ちゃんの体に悪影響が無いことを事前に調べなければなりません。抜け毛に関しては市販の育毛剤などを使用してもホルモンバランスが改善しない限りは効果が限定的なので、医師に相談をして症状に関する意見を聞いておくことが重要です。授乳中抜け毛がひどくなった場合には赤ちゃんに粉ミルクを与えるようにして薬を服用することができますが、効果が実感できるまで最低でも半年以上は薬を服用し続けなければならないので、コストなどを考慮して行動をしなければなりません。また入浴中にマッサージをして頭皮の血行を改善させるのも有効な対策です。