個人差はあるけれども

授乳中の抜け毛がいつからいつまで続くか気になる人も多いです。

 

 

授乳中の抜け毛は、個人差があるため、いつまでとは明確に決まっていませんが、
産後4ヶ月から6ヶ月くらいまでがピークとされ、産後1年間は続くこともあります。

 

 

 

人によっては、抜けない人もいます。抜けない人の特徴としては、食生活や睡眠時間、ストレスに気をつけている人です。授乳中は、赤ちゃんへ栄養を与えるためにたくさんの栄養が必要となります。

 

 

 

そのため、生命維持に直接関係のない頭髪にまで栄養が行き渡りにくくなります。食生活では、カロリーを摂るということだけでなく、ビタミンやミネラルタンパク質などのバランスの良い食事を行うことです。

 

 

人によっては、産後すぐにダイエットを始める人もいますが、授乳中は、カロリーは控えても栄養は控えないようにすることが重要になります。

 

 

 

また、抜け毛は、女性ホルモンのバランスの乱れから引き起こされるため、大豆製品を積極的に食事に取り入れることです。大豆に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンに似た働きがあるため、バランスを整えることにつながります。

 

 

 

赤ちゃんは夜泣きするため、睡眠不足になりやすいですが、昼寝ができるようであれば眠るようにして少しでも睡眠時間を確保することです。